補助金申請サポート

2016年版小規模企業白書によると事業者が、「経営計画を作成した背景や動機」としてあげた項目のうち、「補助金申請で必要となったから」が約6割とトップ。補助金は人気ものです。

持続化補助金・・私が名古屋商工会議所での勤務を始めたのが平成25年4月。持続化補助金の開始がこの年の補正予算からでした。初回公募から担当させていただきましたので延申請支援件数は200件を越しています。この補助金の「申し子」といったところです。

ものづくり補助金・・メーカー勤務の実務経験、それに商工会議所や中小企業団体中央会での支援実績を活かし真に効果的な事業計画の策定を心がけます。

補助金事前準備

補助金事前準備

(採択の可能性を高めるために)

戦略的な事業計画の策定には、普段の事業活動の中で常に将来を見据え目の前でおきている事象の背景を繰り返し考え抜くことが大切です。国は「事業継続力強化計画」「先端設備等導入計画」「経営革新計画」といった施策メニューを用意し手厚い支援を実施しています。さらにこれらの認定を受けている企業には補助金審査時に「加点」といった「おまけ」も準備してくれます。「既に認定取得済であること」が条件となるケース。(事例としては平成29年度補正予算持続化補助金)もあるため公募がかかる前に早めに取得しておくことを推奨します。

事業継続力強化計画

Created with Sketch.

モデルケース 7万円

(公募前事前準備の場合早割にて5万円)

経営革新計画

Created with Sketch.

モデルケース 10万円

(公募前事前準備の場合早割にて7.5万円)

先端設備等導入計画

Created with Sketch.

モデルケース 7万円

(公募前事前準備の場合早割にて5万円)

補助金申請メニュー

補助金申請メニュー


ものづくり補助金サポート

サービス内容

1.事前相談 ※無料


2.ものづくり補助金申請書(事業計画書等)作成支援 


3.交付申請書の提出から補助金支給まで<採択後>


料金

採択成功報酬

補助額1,000万円時のモデルケースは以下のとおりです。下書き完成度に応じて割引あり。補助額の約10%が目安です。補助額に応じて相談させていただきます。なお下限は再チャレンジ時で完成度の高いケースを想定しています。平成29補正、平成30補正に関して過去の採択率は8割以上で、1次公募に限れば100%を継続中です。

ケース1 フルサービスの場合
  申請書作成40万円(下限10万円)
  採択時の成果報酬60万円
  最終仕上がり(含成果報酬)70万円~100万円
ケース2 採択のための個別相談15,000円/時間
(消費税含まず)

小規模事業者持続化補助金サポート

サービス内容

1.事前相談 ※無料

2.小規模事業者持続化補助金作成支援

3.交付申請書の提出から補助金支給まで<採択後>

料金

採択成功報酬

 補助額50万円時のモデルケースは以下のとおりです。 下書き完成度に応じて割引あり。なお、下限は再チャレンジ時で完成度の高いケースを想定しています。ものづくり補助金と比較すれば割高ですが、採択後も伴走型支援で販路拡大を支援します。また、連携する専門家を活用したお値打ち対応も検討させていただきます。過去の採択率は自ら申請した案件を含め全件が採択されています。

 

ケース1 フルサービスの場合 

  申請書作成10万円(下限2.5万円)
  採択時の成果報酬   12.5万円
  最終仕上がり(含成果報酬)15万円~22.5万円
ケース2 採択のための個別相談10,000円/時間 

(消費税含まず) 


 

ご相談はこちら